クマのケアについて

目の下にある年齢が老けてみてしまうクマ。
寝不足の時に出来ると1日中顔を見るのが嫌になりますね。このクマにはいくつかの種類があります。

まずは影クマです。
目の周りを支える膜が緩んでしまい、目の下にくぼんだ部分と膨らみは出来てしまったクマの事を言います。これは色素が沈着をしている物では無く、デコボコの箇所にかげが出来てしまったために怒ります。
このクマを治療するには凹凸をなくすために脂肪を取り除く必要があります。

次は紫クマです。
このクマは、脂肪が極端に薄くなり筋肉の色が透けている状態です。これを治療するには、脂肪を注入する必要があります。

最後は茶クマです。これは皮膚に色素沈着が起こってしまっている為に怒ります。レーザーなどを利用して、長い時間を掛けて治療をする必要があります。
これらを治療する際に、メスを使わずに治療をする方法があります。それは、瞼の裏から原因を取り除きます。
今までの治療では、まつ毛に沿ってメスで切開をする必要がありました。最近ではこの必要が無くなり、とっても手軽になりました。

目の周りにあるクマやたるみを放置していると、どんどん瞼が垂れてきます。そうすると、目が開きづらくなったり、日常生活も疲れやすくなります。目を酷使することによって、肩こりや、眼精疲労の原因になるのです。
今までは、クマが出来るのは睡眠不足と言われてきましたが、長期的に治らない場合は、それ以外の原因である可能性が高いのです。